書院と数奇屋について

今日は書院と数奇屋について

●書院造り
書院造りは室町時代に完成した住宅の様式の事。
和風の住宅はある意味全て書院造の住宅といってもよく、強い影響を受けている。
床の間のある座敷は書院造りのイメージだが、厳密には武家住宅の建物全体の様式で、
古民家全体にも広くその影響を及ぼしている。

書院造りの特徴
床の間
床柱
違い棚
付け書院

●数寄屋造り(すきやづくり)と茶室

和風のシンプルで美しいプロポーションを持つ数寄屋造りとは、数寄屋(すきや)と
呼ばれる茶室を取り入れた住宅の事を差す。
語源となった数寄屋とは茶の湯や生け花など風流を好み、本業とは別に茶の湯などに
熱心だった数寄者(すきしゃ、すきもの)が好みに任せて作った家という意味がある。

数寄屋と呼ばれる茶室は安土桃山時代に生まれた庭に別棟として造られた四畳半以下の
小さな建物で、格式張った豪華な装飾を嫌った数寄者が軽快で肩ひじ張らないものとして
造った。書院造りの格式や様式を極力排し、外面ではなく内面を磨いてお客様をもてなす
という茶人の精神を反映したシンプルで洗練された意匠になっている。
具体的には、長押(なげし)などは省略し、柱も丸みを残した面皮(めんかわ)のあるもの
を使い、床の間も小規模で質素なものを作る。
数寄屋造りの特徴として庇を長く、深く造り室内に深い影を作り出し陰翳(いんえい)を楽しむ。

日本の伝統美を表す建物として茶室の存在がある。
「わび さび」という日本独特の美意識を畳四畳半に凝縮したその姿は世界に誇れるものだと思う。

茶室を独自の様式として完成させたのは千利休と言われている。
利休は「わび さび」の精神を突き詰めて「にじり口」と言われる狭い出入り口を設けた二畳の
茶室を造りあげた。
「にじり口」がなぜ低いのかについて諸説様々あるようだが、千利休が淀川河畔で漁夫が
船小屋に入る様子を見てヒントを得たとされる。
「にじり口」から頭をかがめて体を入れて初めに目に入るのは床の間であり、床の間に
飾られた花や掛け軸をより感動的に最初に見てもらう演出ではないかと私は考えている。

茶室とは茶事を行う部屋または建物を差し四畳半の大きさを基準にそれ以上を広間(ひろま)、
それ以下を小間(しょうま)あるいは草案風茶室(そうあんふうちゃしつ)と呼ぶ。
茶室には必ず床の間が必要。茶事では床の間に掛け軸か花入れあるいはその両方を飾る。
また、お茶を立てるために炉や風炉も必要。

四畳半の場合、炉は中心の炉畳に切られる。
それぞれの畳にも名前が付けられており、水差しが置かれる部分は手前畳といい、招いた亭主が
手前をする場所で別名道具畳ともいわれる。
入口がある場所は踏み込み畳、床の間に面する部分が貴人畳で、残る1枚は客畳となる。
手前畳は貴人畳と客畳に招かれた人が座る。
茶室や茶道からは様々な文化が生まれ、茶室用語も生まれた。

「見立て」という言葉も元々は茶室の言葉で、「好み」という言葉も茶室をつくる際に
誰の指示でつくったかという意味合いが転じたもののようである。