「木造空き家調査に高齢者活躍」を・・・・

先般、東北初!シルバー人材センターによる新たな高齢者活躍の場を広げようと塩釜市のシルバー人材センターが会員育成の為、新たな資格に挑戦し動き始めた。 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=2 […]

平成の大工棟梁検定とは・・・

本日は昨日参加させていただいた”第3回平成の大工棟梁検定”IN 東北 において多くを学ばさせていただきましたことをかいつまんで感動をお伝えしたいと思います。 まず、初めての方向けに”平成の大工棟梁検定”を検索して出てくる […]

伝統構法による耐震診断の現状

私たちは「伝統工法古民家」の耐震化に努力してきました。 ・東京都市大学・大橋教授をはじめとする再築検討委員会での基準づくり ・早稲田大学・毎熊教主による機械測定による動的耐震診断 ・滋賀県立大学・高田教授による面格子パネ […]

21

”幽霊”に足を付ける。

今年、6月18日、大阪府北部での震度6弱の地震から2ヶ月が過ぎようとしています。 京都・奈良などが近く文化財の損傷が80件超あったそうです。 国は耐震化などの対策を促しますが その「方法は確立されてなく多額の費用が必要」 […]

14

城壁など外構工事の手法として”版築”とは?

2018年7月9日 – 梅雨前線など影響で西日本を中心に広い範囲で大きな被害が出た今回の記録的な豪雨について、気象庁は「平成30年7月豪雨」と名付けました。 瀬戸内海に面する多くの県に多大な被害を残し住民の方 […]

27

書院と数奇屋について

今日は書院と数奇屋について ●書院造り 書院造りは室町時代に完成した住宅の様式の事。 和風の住宅はある意味全て書院造の住宅といってもよく、強い影響を受けている。 床の間のある座敷は書院造りのイメージだが、厳密には武家住宅 […]

15

伝統的構法による木造建築物状況調査技術者の宮城講習のご案内

きたる8月9日(木)15時~「東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館)404号室」にて「伝統的構法による木造建築物状況調査技術者の宮城講習」を行います。是非ご参加ください。詳しくは下記のファイルをご覧ください。 *当資 […]

09

明治維新以来の大転換です。

新築住宅の勢いに陰りを見せ始めている”いま”・・・・ 空家はどんどん増え続け そして所有者が判明しない、あるいは連絡が取れない土地「所有者不明土地」登記名義人が死亡してからも相続登記がされておらず相続人が多数存在している […]

08

古民家の夏を快適に過ごす工夫について・・・

6月にはいり入梅時期の鬱陶しい湿気を感ずるとともにこの時期を華やげるアジサイの饗艶にしっとりと来る日本人の感性を呼び起こしそうになる。今日は、古民家の夏を快適に過ごす先人の知恵についてまとめてみました。(古民家解體新書よ […]

02

日本近代建築の時代様式と代表的建築について

学生の頃、建築史研究室の先生のレポートの課題があり、山形県内における”擬洋風建築物”を夏休み調査で廻った記憶があります。 ”旧済生館”を見学した時に当時の大工さんの挑戦をする心の熱さや苦労を垣間見、米沢、天童、新庄、酒田 […]