01

古民家の持続可能性について

古材の場合は新しい木材よりもむしろ年数を経たものの方が強度が増すが、 土壁の土も古い土のほうがバクテリアが多く、藁の発酵を促進すると言われて いる。 植物は再生される期間より長く使用すれば再生可能な資源であり、地産地消で […]

臥龍山荘にて…其の四

蝙蝠とは幸福をもたらすと言われていた。西洋の思考とは真逆なことでありました。陽明学の思考も茶道も中国大陸からの影響が大きいと言えます。

臥龍山荘にて…其の参は

イヌマキの木(槇の木)を生きたまま芯止を施し構造体の一部になっています。〝不老庵〟網代の船底天井に水面の〝うつろい〟が映る…。 川に映った月影のうつろう姿を感じる一興!

臥龍山荘にて…其の二

縁側の床板を一枚板で仕立ててあります。全て一流品ばかりで仕立てたものは一流品とは言えない!至高の嗜好は分をわきまえることも侘び寂びに繋がることなのでしょうか?ここの敷地内にある茶室は2畳台目でした。知止庵とは〝ひとは何事 […]

11

臥龍山荘にて

臥龍山荘に行きました。外の窓の上に彫刻欄間がありました。障子に透けて庭の色が影像されていました。 障子は普通の和紙です。カラーの影像のようです。庭の草花苔の色が映し出されています。 下の写真は左側半分内障子を開いた状態で […]

10

夏目漱石の愛したコーヒー

萬翠荘を拝観した後、敷地内に愛松亭がありました。そこは別名、[漱石珈琲店]そこで一服! 大きい丸太梁を天井に魅せて素敵な空間でのくつろぎでもありました。

松山城にて・・

  松山城の塀の控えの根元を撮ってみました。なるほど・・腐りやすいので石の柱と継手を組んでいます。これならば暫く持ちそうです。 松山城の中からの眺めです。敵を迎え撃つには最適な場所を考えて城の部屋を配置している […]

作品を通して再会できた職人さん

”杜の家づくりネットワーク”のSさんの作品である新築住宅の引渡し前のお披露目に角田市まで行ってきた。 時間が早かったので地元の郷土館を拝観させてもらいました。刀や兜が飾られていましたが私にはその文化財としての建物の保存方 […]

伝統構法のインスペクション方法を学ぶ

講習会のご案内状をアップしました。見ずらいかもしれませんが詳しくは インターネットで”伝統的構法による木造建築物状況調査技術者”を検索ください。